PROFILE

プロゴルファー 藤本 麻子

所属
フリー
出身地
岡山県津山市
出身校
岡山県作陽高校
生年月日
1990年5月28日
身長
164センチ
プロ入会
2009年8月1日(81期生)
契約スポンサー
スバル、コラントッテ
クラブ
PRGR
ウェア
オークリー
シューズ
ナイキ
血液型
A型
家族
両親、姉
好きな色
趣味
音楽鑑賞
ゴルフ歴
10歳から
得意クラブ
9番アイアン
ベストスコア
65(11年伊藤園レディス2R)

小学校4年生のとき、父に「一緒にゴルフをやらないか?」と誘われたのをきっかけにクラブを握るように。

津山東中学2年・2004年の中国ジュニア選手権初V(以降4連覇)を皮切りに、05年には中国女子アマチュア選手権を史上最年少で制覇(以降3連覇)するなど、アマチュアタイトルを総なめ。06年からはナショナルチームのメンバーとして、数々の国際試合の経験も積んだ。

岡山県作陽高校を卒業した09年、日本女子アマチュア選手権を制覇。ちなみに、ストロークプレー方式の予選をトップ通過したメダリストが、マッチプレー方式の決勝を勝ち抜いて完全優勝を成し遂げたのは、03年の宮里藍プロ以来の快挙であった。

翌月のプロテストには1発合格。9月のマンシングウェアレディース東海クラシックでデビューし、2戦目となる富士通レディースでは12位タイと安定したプレーを見せている。

本格ツアーデビューとなった10年は、4月にフジサンケイレディスクラシックで最終日まで優勝争いを演じ2打差2位になるなど、実力を発揮、賞金ランキング27位で初シードを確定させた。

11年は、前年のシーズン後半のスタミナ不足を踏まえて体力トレーニングをしっかり行った効果もあって終盤の伊藤園レディスで念願のツアー初優勝。2日目に65で回り前日の50位タイから4位にジャンプアップすると、最終日も66で回り、09年の賞金女王・横峯さくらプロに競り勝った。

富士通所属選手となった12年は「強いゴルファーになりたい」をテーマに、プレーの"質"にこだわって中身の濃いシーズンを送った。

13年は初戦から通算2勝目を狙うべく、グアム、ハワイ、沖縄で充実したオフを過ごしてシーズンインを迎える。